ホットスプリングス・ギャンブル博物館の歴史

ホットスプリングス:1960年代、ホットスプリングスはアメリカ最大の違法賭博場でした。1967年に警察が賭博場を閉鎖するために大々的なキャンペーンを開始した時は、全国ニュースにもなりました。ホットスプリングス・ギャンブル博物館は、ホットスプリングスのかつての賭博場を再現したものです。 この博物館はラニー・ビーバーズ、クリス・ヘンドリックス、トニー・フレイジャーによって共同経営されています。 ここには100台以上のスロットマシン、約20台のゲームテーブル、その他の記念品が多数展示されており、1870年代から1960年代までの自由奔放な時代を彷彿とさせます。展示品は、小説に描かれているような時代を思い出させます。とても人気のある博物館です。